JAPAN AIR COMMUTER

company 会社情報

ご挨拶

日本エアコミューター株式会社 代表取締役社長 越智 健一郎(おち けんいちろう)

平素より日本エアコミューター(JAC)をご利用いただいているお客さま、ご地元の皆さま、関係の皆さまのご愛顧とご支援に心から御礼申し上げます。

JACは生活・離島路線の維持・充実を使命としたご地元の交通インフラとしての役割に加えて、鹿児島やそれぞれの魅力を秘めた島々、地域へ、多くの皆さまにご訪問いただく機会を広げたいと思っております。歴史・文化だけでなく、温泉・自然・食事、そして何より人の温かさを感じる地域の魅力を広く発信し、この魅力に直接触れていただくことで、多くの方に喜びを感じていただくと同時に、この地域の更なる発展に貢献してまいりたいと考えております。

JACは、1983年に鹿児島県離島の「地域の翼」として、19人乗りのドルニエ228型機にて奄美群島を結ぶ4路線(奄美大島―喜界島・徳之島・沖永良部・与論)の運航からスタートし、YS11型機の導入による鹿児島空港発着路線の展開に伴い、本社を奄美空港から鹿児島空港へ移転しました。
その後、ターボプロップ機SAAB340型機、ボンバルディアDHC8-Q400、そして2017年4月に今後の主力後継機となるATR42-600型機、2018年12月にATR72-600型機を導入し、機材更新を通じて新しい価値提供に努めてまいりました。
2018年度には奄美群島と沖縄を結ぶ「奄美群島アイランドホッピングルート」を開設し、現在は鹿児島県内の離島を中心に、伊丹、但馬、出雲、隠岐、松山、沖縄へ1日18路線、約70便弱の運航を行っています。

JACはお客さまに安心してご利用いただける空の旅を通じて、地域と地域を結ぶ役割だけでなく、触れ合う全ての皆さまにお役に立てるよう、常に創意工夫を重ねて新しい価値を生み出し、地域の皆さまとご一緒に発展してまいりたいと思います。

今後とも日本エアコミューター(JAC)をご愛顧、ご支援賜りますよう、心からお願い申し上げます。

日本エアコミューター株式会社
代表取締役社長 越智 健一郎

会社概要

商号

JAPAN AIR COMMUTER CO.,LTD.
日本エアコミューター株式会社

創立

1983(昭和58)年7月1日

本社所在地

鹿児島県霧島市溝辺町麓787-4

資本金

3億円

株式状況

総発行株数 6,000株
日本航空株式会社 1億8千万円(所有株式割合/60.0%)
鹿児島県 奄美群島 12市町村 1億2千万円(所有株式割合/40.0%)
奄美市・喜界町・天城町・和泊町・与論町・徳之島町・伊仙町・知名町・瀬戸内町・龍郷町・大和村・宇検村

代表取締役社長

越智 健一郎(おち けんいちろう)

社員数

389名

会社の目的

国内定期航空運送事業及び国際航空運送事業
航空機使用事業
航空機整備事業
航空機及びその付属品の売買、修理並びに賃貸業
その他

運航機材数

ATR42-600型機 7機
ATR72-600型機 2機
(2020年3月1日現在)