JAPAN AIR COMMUTER

health and productivity management 健康経営

健康経営

健康宣言

私たちJACは、安全運航を堅持し、安定的な運航を通じて地域の皆さまに貢献することで公共交通機関としての使命を果たし、地域に愛され、信頼される企業となることを目指します。
JALグループ企業理念に掲げる「全社員の物心両面の幸福」を実現するためには、全ての社員とその家族が、心身そして社会的にも健康*であることが必要不可欠です。
健康は与えられるものではなく、一人ひとりの自発的な行動によって自らで作り上げていくものです。全ての社員が健康で幸福な人生を築き、働きがいを感じていきいきと働くことができるよう、社員一人ひとりの主体的な健康づくりを、会社・健康保険組合も一体となってサポートしてまいります。
健康経営で育まれた社員一人ひとりが、パフォーマンスを最大限に発揮することで価値創造を実現し、社員そして私たちJACが持続的に成長していくよう、みんなで果敢に挑戦しつづけます。

  • *社会的健康とは、他人や社会と建設的でよい関係を築けること、社会的役割があること
    夢や目標、生きがいがあること、経済状況の安定など

代表取締役社長
健康経営責任者
越智 健一郎

取り組み

健康づくり

  • ・社員、会社、健康保険組合が一体となってJALグループの健康推進活動「JALWellness」の推進に取り組みます。
  • ・メンタルヘルス対策として、セルフケア、ラインケアの充実に取り組みます。
  • ・全社員対象の健康セミナーを実施し、社員の健康意識向上に取り組みます。
  • ・全社員対象の健康習慣アンケートを実施し、健康課題を特定して課題解決のための施策実行と効果検証に取り組みます。

働きやすい環境づくり

  • ・フレックスタイム制度、テレワーク制度の運用推進と効果検証を継続的に実施します。
  • ・治療と仕事の両立ができる制度の設計、仕組みづくりに取り組みます。
  • ・長時間労働の防止、年次有給休暇の取得促進に取り組みます。

健康推進体制

健康推進体制 健康推進体制