JAC 日本エアコミューター JACのあゆみ
1983年(昭和58年) 7月1日 日本エアコミューター株式会社設立(本社:奄美空港内)
  11月2日 不定期航空運送事業の免許取得
  12月10日 ドルニエ228型機で運航開始(奄美大島と喜界島・徳之島・沖永良部・与論島を結ぶ4路線)
1987年(昭和62年) 12月16日 航空機使用事業免許取得
1988年(昭和63年) 5月31日 奄美格納庫竣工
  6月15日 本社機構を鹿児島空港内に移転
  7月6日 定期航空運送事業の免許取得
  7月19日 鹿児島−沖永良部線運航開始(YS-11による初の定期路線運航)
  10月14日 資本金を3億円に増資
1992年(平成4年) 8月20日 格納庫、トレーニングセンター竣工
  10月1日 SAAB340B型機1号機 鹿児島−松山・鹿児島−大分・宮崎−松山・宮崎−長崎の4路線に就航(都市間コミューター路線の運航開始)
1993年(平成5年) 11月29日 SAAB340B型機シミュレーター 第1種フェーズ IIIの免許取得
1994年(平成6年) 3月1日 指定定期航空運送事業者として認定を受ける
1995年(平成7年) 9月30日 ドルニエ228型機退役
  11月20日 総輸送旅客累計500万人を達成
1997年(平成9年) 7月14日 初の国際チャーター 鹿児島−釜山線を実施(SAAB340B型機にて)
1999年(平成11年) 10月15日 総輸送旅客累計1,000万人を達成
2000年(平成12年) 3月26日 「子供と空と夢をつなぐ」をテーマに、地域密着型イベント「JACフェスティバル」を開催
  5月24日 イメージキャラクター 「ルリー」誕生
2001年(平成13年) 2月9日 本社を現在地に移転
  8月29日 YS-11型機の後継機にカナダ・ボンバルディア社製DASH8-400型機(通称:Q400)の導入を決定
2002年(平成14年) 10月7日 Q400型機 1号機到着
2003年(平成15年) 2月1日 Q400型機 1号機 大阪−鹿児島線、大阪−出雲線に就航
  7月1日 創立20周年
  9月8日 総輸送旅客累計1,500万人を達成
  12月6日 奄美空港にて、第4回「JACフェスティバル」開催
2004年(平成16年) 12月16日 YS-11型機総輸送旅客累計1,000万人を沖永良部−鹿児島線で達成
2005年(平成17年) 8月1日 客室乗務員、整備士制服一新(JALグループ統一)
  10月1日 運航乗務員制服一新(JALグループ統一)
  10月5日 Q400型機総輸送旅客累計100万人を出雲−伊丹線で達成
2006年(平成18年) 4月11日 「ありがとう日本の翼YS-11キャンペーン」を展開
  8月31日 幸せを運ぶ特別塗装機 JACコウノトリ夢ひこうき就航
  9月30日 YS-11型機ラストフライト
2007年(平成19年) 3月28日 総輸送旅客累計2,000万人を達成
  7月1日 JAC情報誌「JAC TIMES UPROP」創刊
2008年(平成20年) 4月1日 「JAC創立25周年キャンペーン」を展開
  7月1日 創立25周年
2009年(平成21年) 9月1日 大阪−屋久島線を開設
2010年(平成22年) 3月29日 総輸送旅客累計2,500万人を達成
  7月21日 COP10 エコ・ハッピーターン号 就航
  11月28日 「JACフェスティバル in 奄美」開催
2011年(平成23年) 3月27日 福岡−屋久島・福岡−奄美大島の直行便を開設
  11月20日 「JACフェスティバル in 徳之島」開催
2012年(平成24年) 12月1日 「JACフェスティバル in 宮崎」開催
2013年(平成25年) 2月16日 総輸送旅客累計3,000万人を達成
  12月7日 JACフェスティバルin鹿児島「JACDAY!」開催
2015年(平成27年) 6月15日 ATR42-600型機の導入を決定
2017年(平成29年) 1月26日 ATR42-600型機 1号機到着
  3月26日 「JACフェスティバル 2017 in 鹿児島」開催
  4月26日 ATR42-600型機 1号機 鹿児島−屋久島、鹿児島−沖永良部線に就航