JAC 日本エアコミューター 安全への取り組み
安全運航の確保について

■ JACの安全管理体制

当社の安全管理体制は、2004年度からJALグループの統一した考え方、仕組みで安全管理を行っています。また、2006年度から航空法改正に伴い更なる安全管理体制の強化を図ると同時に、「安全が何よりも最優先する」との会社安全基本方針を掲げて業務を遂行しております。

1. 安全管理規程

輸送の安全を確保するために、事業の運営方針、管理体制、管理方法、安全管理体制を統括する安全統括管理者の選定などを定めた規程です。2006年10月1日の改正航空法の施行に合わせて制定し、この規程に沿って業務を遂行しております。

2. 安全推進委員会

航空安全に関する基本方針を策定し、安全活動について総合調整、指示、助言を行うと共に安全意識の高揚及び安全体制の充実、個別の重大な安全上の問題についての対策の検討および各部門の安全に関係する取組み状況の情報共有化を図っております。一般管理部門および現業(運送・客室、運航・乗員、整備)部門に属さない独立した会議体です。委員長は社長が務め、全常勤役員および現業各部長が構成要員となっています。この委員会は原則として年6回開催しています。

3. 安全担当者会議

安全推進委員会の下部機関として、安全に関する諸施策について検討・調整のうえ安全推進委員会に具申すると共に、委員会で決定した安全施策について具体策を作成して実行・促進を図るための会議体です。2005年度からは従来の運用に加え、各部門の安全に関する取組み状況について情報交換を行うと共に、日常の各現場における不安全要素の抽出を行い、その対策につい関係部署との調整を行っています。社内の中堅社員により構成しており、原則として毎月開催しています。

4. 社内安全監査

JALグループの航空会社で共有する安全監査規程に基づき、本社の運航に直接携わる部門と当社便が就航する全ての空港所を対象として、安全管理体制についての監査を定期的に実施しています。

5. その他

安全推進活動につきましては、JALグループとして取り組む安全施策のほかに、当社独自の安全施策として「安全フォーラムの開催」、「安全啓発誌の発行」などを行っています。 JALグループとして取り組む安全関係の委員会、安全監査、安全推進活動などについては、JAL安全への取り組みページをご覧ください。