ルリーが行く!
第6回グリーンエアポートフェスタが開催されました!

4月14日~15日の2日間、JACの地元である鹿児島県霧島市溝辺町のスカイロードみぞべにて 『第6回グリーンエアポートフェスタ』が開催されました。
今から5年前の鹿児島空港開港30周年を記念し、民間団体・地元行政・空港関連企業がタイアップして開始されたこのイベントも今年で6回目。県内各地の名産品販売コーナーやすっかりお馴染みとなった鹿児島空港利用促進協議会のコーナーなどの様々なブースは大勢の人でにぎわっていました。

【第6回 グリーンエアポートフェスタ】
■開催日 2007年4月14日(土)、15日(日)
■場 所 霧島市溝辺町、スカイロードみぞべ「物産館よこでーろ」前駐車場
■イベント
・絵はがき・機内キャンディープレゼント
・客室乗務員、航空管制官など、空港で働く各社スタッフへのインタビュー
・空港や飛行機に関するグッズのプレゼント

■鹿児島の地元名物あれこれ
mizobe_1.jpgmizobe_2.jpg
臨時の足湯もすっかりおなじみ            竹とんぼ作りコーナー、鹿児島の竹工芸は有名です


mizobe_3.jpg mizobe_4.jpgmizobe_5.jpg
笠沙恵比寿の海産物         藤崎牧場(鹿屋市)    宇宙空間観測所で有名な内之浦町の魚

mizobe_6.jpgmizobe_7.jpgmizobe_14.jpg
空港のある溝辺町のみぞべ茶       花もいっぱい          こしき海洋深層水

mizobe_9.jpg








チビッ子に人気の似顔絵コーナー

■空港ブース
mizobe_10.jpgmizobe_11.jpg
地元TV局による空港スタッフへのインタビュー    インタビューに答える原田C/A、安江C/A(左から)

mizobe_12.jpgmizobe_13.jpg
ご来場のお客さまにキャンディーをプレゼント!    エアライングッズはいつも人気の的

2007年04月20日

おかげさまで、ご搭乗お客さま数2,000万人達成!
~4月2日にご搭乗プレゼントを行ないました~

去る3月28日に、1983年(昭和58年)のJAC就航開始以来、ご搭乗お客さま数が2,000万人を達成いたしました!
これを記念しまして、4月2日に鹿児島県内を出発する便にご搭乗いただいたお客さま全員に、当社スタッフより日頃の感謝を込めまして、JACオリジナルタンブラーをプレゼントしました。
今回は鹿児島空港での様子をお届けします。

また、ただいま『ご搭乗お客さま数2,000万人達成キャンペーン』を実施中です。(~4/20まで)
クイズに答えてご応募いただくと、抽選で航空券やJACグッズなどが当たる素敵な賞品をプレゼントします。
どなたでも、またおひとり様何度でもご応募いただけますので、この機会をどうぞお見逃しなく!
詳しくは『ご搭乗お客さま数2,000万人達成キャンペーン』をご覧ください。

JAC日本エアコミューターは、これからも皆さまの翼として、そして皆さまをつなぐ航空会社として愛され続ける翼でありたいと思います。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


◎【日本エアコミューター お客さま数2,000万人達成キャンペーン】はこちら>>

◎関連記事:【広報資料】 JAC、総搭乗旅客数2,000万人達成!


2000camp_0.jpg

【ご搭乗お客さま数2,000万人達成キャンペーン】

■4月2日JACオリジナルタンブラープレゼント

<対象路線>
鹿児島、種子島、屋久島、奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部、与論の各空港を出発するJAC便全便




2000camp_1.jpg2000camp_2.jpg












2000camp_4.jpg2000camp_3.jpg












2000camp_6.jpg2000camp_5.jpg

2007年04月04日

第20回たねがしまロケットマラソン開催!

去る3月18日に、鹿児島県種子島にて第20回たねがしまロケットマラソンが開催されました。
今年は、開催20回目、また新種子島空港開港1周年記念という節目の大会ということで、ゲストに過去3回オリンピックに出場された資生堂の弘山晴美選手を招き、島内外 約1,400人のランナーが健脚を競いました。
当日は、あいにくの肌寒い天候でしたが、種子島伝来の火縄銃による号砲を合図に一斉にスタート!
ランナー達は、2Km~フルマラソンまでの6つのコースを思い思いのペースでゴール地点の種子島宇宙センターを目指して走りました。
ゴール会場では、資生堂ランニングクラブの皆さんとの写真撮影会や地元の温泉を利用した足湯コーナーの設置、また火縄銃の試射など盛りだくさんのイベントで賑わいました。

【第20回 たねがしまロケットマラソン】
■開催日 2007年3月18日(日)
■種 目 マラソン、ハーフマラソン、10㎞、5㎞、3km、2㎞
■特別ゲスト 弘山 晴美さん(資生堂)
■後 援 日本航空 他
■問合せ たねがしまロケットマラソン大会事務局(南種子町役場)
       鹿児島県熊毛郡南種子町中之上2793-1
       TEL:0997-26-6065

20th_TNE1.jpg20th_TNE3.jpg
種子島ならではの火縄銃を合図にスタート!    種子島名産「たんかん」の足湯でリラックスする
                                ランナーの皆さん

2007年04月03日

4月1日、鹿児島空港開港35周年記念イベント開催!

鹿児島空港は4月1日、1972年(昭和47年)の開港から35周年を迎えました。
これを記念して国内線出発ロビーでセレモニーが開催され、伊藤鹿児島県知事のあいさつに続き、関係者によりくす球が割られ開港35周年を祝いました。

この日JACでは小中学生を対象にした航空教室を開催しました。子供たちは客室乗務員らから飛行機に関するさまざまなレクチャーを受けた後、SAAB機のシミュレーターを使った離陸体験や格納庫での機体見学が行なわれました。

また、空港ターミナルでは、鹿児島空港35年のあゆみを振り返る写真パネル展やかごしま焼酎の紹介コーナー、郷土芸能の披露などさまざまなイベントが行なわれ、たくさんのお客さまでにぎわいました。

■出発ロビーでのセレモニー
35_ceremony3.jpg35_ceremony1.jpg
地元の幼稚園児による合唱で開会           伊藤知事によるごあいさつ

35_ceremony2.jpg35_ceremony4.jpg
行政関係者・航空各社代表によるくす玉割り      霧島九面太鼓 女性4人組『和奏(わかな)』の演奏


■鹿児島空港35年のあゆみ 写真パネル展
35_ceremony0.jpg【鹿児島空港のあゆみ】
1957(昭和32)年 鹿児島市鴨池に鹿児島飛行場
              開港
1972(昭和47)年 霧島市溝辺町に鹿児島空港
              開港  滑走路2,500m
1980(昭和55)年 3,000m滑走路供用開始
1996(平成8)年  利用旅客数1億人達成
2007(平成19)年 鹿児島空港開港35周年 






■空港ターミナルビルのあちこちに設置された地元特産品コーナー他
35_ceremony5.jpg35_ceremony6.jpg
かごしま焼酎の紹介コーナー              さつまいも食品コンクール入賞作品の展示コーナー

35_ceremony7.jpg35_ceremony9.jpg
酒かすを練りこんだ加治木まんじゅう、美味しいです   他県空港や特産品紹介コーナーも


■JAC親子航空教室
35_ceremony10.jpg35_ceremony11.jpg
操縦パネルの配置や救命胴衣の着用の仕方をお勉強

35_ceremony12.jpg












SAAB型機のシミュレーターではじめての離陸体験!

35_ceremony13.jpg35_ceremony14.jpg
熱心に説明に耳を傾け機体を覗き込む、子供たちとお父さん・お母さん


◎関連記事:【ルリーが行く!】 鹿児島空港開港35周年記念イベントが開催されます!

2007年04月03日