ルリーが行く!
JAC “しまの航空教室” を喜界島で開催しました!

 
  4月20日(金)、JAC “しまの航空教室”を喜界島の喜界町立第一中学校で開催しました。
昨年の8月の奄美大島からスタートとした"しまの航空教室"も、今回で5つめの“しま”となりました。
       
  JAC“しまの航空教室”とは・・・パイロット・キャビンアテンダント・整備士の3つの職種の社員を派遣して職業講話 をすることで、小学生・中学生の皆さんの今後の進路決定に役立ててもらいたい。また、JACの就航地である“しま”の方々にJACを身近に感じてもらいたい!JACファンになっていただきたい!と企画したのがはじまりです。

 

  さて、今回の喜界島での航空教室は、パイロット・アテンダント・整備士の3つの職業講話と他に、救命胴衣体験講義や質問タイムを実施しました。

kikai kouen.JPG ruly kikai kunren.JPG












  さらに、生徒さんにもっと身近に感じてもらえるよう、パイロット・キャビンアテンダント・整備士と直接交流できる自由時間を設けました。それぞれの仕事の持ち物、免許証を見せたり、飛行機の部品の一部や工具類などを実際に触ったり、仕事にかかわる体験談など、生徒さんと楽しく交流をはかりました。

ca ruly.JPG ruly mc.JPG


ruly pl.JPG


 生徒の皆さんからは、
  ・ 楽しい旅行の裏側では、飛行機の点検、みんなの安全のためにたくさん訓練をしていることがわかりました。
  ・写真や道具などで説明していただき、わかりやすかった。
  ・パイロットや整備士・キャビンアテンダントのいろんな道具に触れることができてよかった。
  ・進路の1つに考えたい
等の感想文をいただきました。

 皆さんそれぞれに「空の仕事」へ興味をもって下さったようで、講師陣も嬉しい限りです。


2ruly shugo.JPG











今回は170名もの生徒さんに参加していただきました。
(すべての皆さんとの写真を掲載できず、ごめんなさい!)



 今後もJACでは、地元貢献の一環として、“しまの航空教室”を開催していきます。
次は、5月に屋久島で開催予定です。お楽しみに!




◇番外編 ~喜界島 “しまの風景”~
   喜界島は、奄美大島の東に位置する1周32キロの隆起珊瑚礁の島です。
美しい海、独特の伝統文化をもち、ごま・みかん等の美味しい農産物もたくさんあります。
   下の写真は、『百之台(ひゃくのだい)』という高台地です。島の中央部にある標高203メートル、約700ヘクタールの広大な隆起珊瑚槽の高台地で、その眼下にはエメラルドグリーンに輝く珊瑚礁の海、太平洋と東シナ海が一望できる絶景スポットです。

②ruly kikai2.JPG ①ruly kikai.JPG
展望台からの風景。海岸線を一眺するルリー。快晴でした!


  喜界島へはJAC便で、鹿児島から約1時間、奄美からはわずか20分ほどで行くことができます。
  ゆったりのんびりした時間が流れる喜界島へ、出かけてみませんか。
 

続きを読む "JAC “しまの航空教室” を喜界島で開催しました!" »

2011年05月23日

【トライアスロンin徳之島 参加の皆さまへ】 自転車輸送について

 

 今年で第24回を迎える『トライアスロンin徳之島』が、2011年7月3日(日)に開催されます。

  開催に先立ちましてJACより、参加される選手の皆さまへ 自転車輸送についてのお知らせとお願いです。

  自転車輸送につきましては、船舶では手荷物として持込みできますが、航空便では参加選手の移動が 同じ時期に集中すること、特に鹿児島~徳之島、または奄美~徳之島間の便につきましては
  航空機の貨物輸送量に限りがあるため、自転車の搭載が不可能となります。また航空機に携帯品としての自転車の預入については堅くお断りいたします。


  つきましては、必ず選手の皆さまの自転車は事前に託送して頂き、復路においても同様の理由により、託送をお願いいたします。託送については、日本サイクリング協会発行(申込金1,000円)のタグ(何回でも利用可)をつけられて輪行袋に入れ、サイクリング・ヤマト便(船舶コンテナ輸送)もご利用いただけます。


☆お問合せ先 〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-3 日本自転車会館3号館
            (財)日本サイクリング協会 TEL:03-3583-5628

◎自転車の送り先 〒891-7605 鹿児島県大島郡天城町浅間 
             天城町B&G海洋センター宛  TEL:0997-85-5151

 また、自転車のパンク修理用エアーボンベ(エアーカートリジッジ等)とスペアタイヤについても、機内持込み禁止になっていますので、自転車の託送(宅配便)と同時にお送り下さい。
  
 
  以上の情報につきましては、参加選手の皆さまには、すでに事務局より「参加選手のしおり」等で通知されておりますが、重ねてお願い申し上げます。


 さらに詳しい情報は、 トライアスロンin 徳之島の公式ホームページにてご確認下さい。

 
  選手の皆さまのご健闘をお祈りしております!


  
                    


 

 
 

2011年05月17日