ルリーが行く!
機内販売までの裏側

皆さん、こんにちは。日本エアコミューター(JAC)客室乗務員の肥後です。

CA.jpg









私はJAC客室乗務員で構成している「機内販売チーム」のメンバーとして、活動しています。

機内販売チームでは、「就航地ならではの特産品や客室乗務員が見つけた地域の美味しいものをお客様に紹介したい」
「おすすめの商品を通してお客様とのコミュニケーションを深めたい」
という思いで、皆さまがHappyになれる商品の選定に努めています。

今回は機内販売の「裏側」を少しご紹介させていただきます。

MTG.jpg









はじめにJACの機内販売では、客室乗務員をはじめ社員の口コミやアンケートから就航地ならではの商品情報を集めます。
そして集まった情報の中から、お客さまに気に入って頂けるか、季節感、話題性、また大きさや重さ等を勘案し、議論した後に候補商品を選定します。
そして候補商品が決まりましたら、製造・販売元へ機内販売の相談をさせていただき、セット内容やパッケージデザイン等の打ち合わせを重ねて機内販売商品を決定します。

機内販売が始まると、航空機への商品搬入や在庫管理なども私たち客室乗務員をはじめ、JAC社員自らが行っています。

バレンタインデーを控えた今回、私たちは鹿児島県霧島市国分に本店がある「ヴォアラ珈琲のドリップバッグとチョコレートのセット」をご用意いたしました。

霧島市国分と言えばJAC本社がある鹿児島空港とは目と鼻の先の場所にあります。
ヴォアラ珈琲は私たち客室乗務員やパイロットの間でも以前から評判で、全国からも注文が入るコーヒーの専門店です。

バレンタイン商品として、何としても機内販売で紹介したいという思いで、ご相談させていただき、共同企画で機内販売限定の特別なバレンタインオリジナルセットが誕生しました。

商品.jpg








【セット内容】
・レギュラー4バッグ
・ノンカフェイン2バッグ
・チョコレート1本
※販売価格 1,000円(税込)



「機内販売でご紹介させていただくからには、私たちもヴォアラ珈琲の美味しさについて勉強が必要」と考え、今回、オーナーの井ノ上達也さんにその秘密を伺ってきました。

VOILA.jpg









井ノ上さんは、鹿児島で店を構える傍ら、コーヒーの国際品評会の審査員を努めた経歴を持つ人物です。
お店にお伺いした時、井ノ上さんは大きな焙煎機でコーヒーの生豆を焙煎していらっしゃる最中でした。
その様子を今回特別に見学させていただき、薄緑色の生豆がだんだんと茶色く色付いていくのを見ながら、そこにどのような美味しさの秘密があるのか、それは焙煎する温度なのか、時間なのか、と考えている私に井ノ上さんは、「高品質のコーヒー豆が美味しいコーヒーの秘密です」と教えてくださいました。

あまりに単純明快な言葉は素人の私にとって、当たり前すぎる秘密のようにも感じました。
しかしこの高品質の豆を作るには非常に手間がかかるとのことです。


焙煎.jpg









井ノ上さんは、スペシャルティコーヒーの発展に大きく寄与した人物で、豆の品質を上げることに携わってこられました。

普段何気なく飲んでいるコーヒーですが、高品質で美味しいコーヒーを作る為に、生産国においての栽培管理や生産処理・品質管理をはじめ、適切な輸送と保管など流通に至るまで、生産者をはじめ多くの人々の知恵と努力が詰まっているのだと教えていただきました。
そしてその豆の良い個性を最大限に引き出せるよう焙煎する事も、とても重要なのではないかと感じました。

今回、井ノ上さんのコーヒーに対する熱い思いをお聞きして、ヴォアラ珈琲の美味しさが理解できたような気がします。

機内販売のヴォアラの「ドリップバッグ」は、焙煎したての新鮮な豆をバッグに充填する直前に挽き、フレッシュさを保つ為、出来るだけ酸素を排除する方法で袋詰めされていますので、香りも良く美味しさがギュッと閉じ込めてあります。

美味しいコーヒーで、皆さまの毎日が更にHappyにできたらと思います。


あなたの「ほっ」とする時間に、簡単に美味しくヴォアラ珈琲をお楽しみください。

贈り物としてもいかがでしょうか♪



【販売期間】
2017年1月14日~2017年2月14日
※在庫状況により、終了日が前後する場合がございます。
※天候不良などでベルトサインが消灯しない場合や、在庫切れになった場合などは、販売を行えないことがありますので、あらかじめご了承ください。


2016年12月28日

CAダイアリー☆屋久島編

皆さま、こんにちは!

屋久島は1993年に世界自然遺産に登録され、ジブリ映画「もののけ姫」の舞台としても話題になった
神秘の島の魅力を屋久島出身の野村が紹介します。

☆0145.jpg









屋久杉自然館
屋久杉自然館では屋久島・屋久杉の歴史を知ることができます。
屋久島と言えば、推定樹齢7200年といわれる縄文杉ですが、縄文杉登山の前に
それらの知識を得てから登るとまた違った楽しみ方ができるかもしれません。

☆屋久杉館4.jpg
















永田浜
杉や山のイメージになりがちな屋久島ですが、海も負けてはいません。
永田浜は日本一・世界有数のアカウミガメの産卵地です。
また、天気の良い日は口永良部島に沈む夕日が見られる絶景のスポットでもあります。

☆永田浜3.jpg









グルメ(個人的なおススメ)
とびうおの姿揚げや鹿肉が有名ですが、私が紹介するのは安房にある隠れ屋的な
お蕎麦屋さん”きらんくや”です。
お店は緑の小道を入った静かな場所にあり、ご夫婦で経営されていてほっと寛げるお店です。
お蕎麦と一緒に屋久島名産の「屋久とろ(*)」が贅沢に頂けて、ヘルシーでおススメです。
*屋久島で採れる山芋で、粘りが強く加熱しても固まらないのが特徴

☆きらんくや1.jpg









お土産
屋久杉を使った商品を多く取り扱っている武田館のウミガメ楊枝入れがおススメです。
こちらは2015年特産品コンクール最優秀賞を受賞しており、見た目も可愛く、
樹齢1000年以上の屋久杉の澄みきった香りも同時に楽しめます。
屋久杉の香りも楽しめるお気に入りを見つけてみてはいかがでしょう。

☆武田館2.jpg













屋久島の見所はまだまだ沢山ありますので、機内にご用意しているJAC客室乗務員手作りの屋久島「島マップ」を片手に散策してみてはいかがでしょう。

「屋久島に行きたい!と思うときは、屋久島に呼ばれている時」と言われています。
神秘の島屋久島にぜひお越しください。


屋久島「島マップ」をご希望のお客様は、お気軽に客室乗務員にお申し付けください。


2016年12月08日