ルリーが行く!
【募集期間3/27~5/23】奄美群島を歩く奄美世界自然遺産トレイルのマーク募集

【奄美群島の全市町村をつなぐ奄美トレイル(仮称)のシンボルマーク募集】※募集期間3/27~5/23まで

奄美世界自然遺産トレイル(仮称)(以降奄美トレイル)は、世界自然遺産の推薦地となっている奄美大島、徳之島を含む奄美群島の全市町村をつなぐ長距離の自然歩道です。(2017年度から順次部分開通し、2021年度全線開通予定)


亜熱帯の森や白い砂浜、サンゴの石垣のある集落など、奄美ならではの自然や文化にふれあることのできるルートを地域の方々と一緒に選定し、それらをつないだ1本の長いルートを設定します。


現在、この事業に取り組む鹿児島県では、今後、奄美トレイルが、奄美の自然や文化の魅力を体感できるルートとして、観光客や地域の方々に利用していただけるよう、奄美トレイルを象徴するシンボルマークを募集しています。

このシンボルマークは、トレイルのマップ、パンフレット、ルート上の標識への表示等に加えて、なんとJACの機体にも表示され、各地にこの奄美トレイルそして奄美群島の認知度向上や情報発信を行う予定です。


皆さまも是非、応募してみてください!くわしくはこちらのページを↓
奄美群島を歩く奄美世界自然遺産トレイルのマーク募集

2017年04月12日

隠岐の島で、GENERATIONS from EXILE TRIBEのMV撮影!

 
JACの就航地である島根県の隠岐の島で、人気沸騰中の GENERATIONS from EXILE TRIBEの新曲 「Always with you」 のMV(ミュージックビデオ)が隠岐の島フィルムコミッション及び地元のみなさんの協力のもと撮影されました。

 撮影場所の中には、旧隠岐空港の滑走路を利用したシーンもあります。実はこの旧隠岐空港は、現在の隠岐空港のお隣りにあるんですよ!その他にも、世界ジオパークに認定されている隠岐のたくさんのスポットが登場していますので、この雄大な自然をバックにした卓越した歌とダンスパフォーマンスをぜひご覧ください。 → こちら (隠岐の島フィルムコミッションさんのページへリンクします。) またこれを機会にぜひ一度、隠岐の島へ出かけてみませんか。

 現在隠岐空港には、この撮影場所がひとめでわかる、隠岐の島フィルムコミッションさん手作りの『ロケ地マップ』を掲示しています。

Generations -1.jpg















隠岐で “GENERATIONS ロケ地めぐり”の旅も楽しそうですね!

☆隠岐空港へは、伊丹空港と出雲空港からJAC便が毎日運航しています。

2014年10月17日

奄美大島を舞台にした映画『2つ目の窓』が公開となります。

 
 こんにちは!JACのルリーです!
ボクの生まれ故郷であり、JAC就航地のひとつである奄美大島が舞台となった、
河瀬直美監督の映画『2つ目の窓』がいよいよ7月26日より公開されます。
 
 この映画は第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、公式上映後には約12分間もスタンディングオベーションの拍手が続いたそうです。
 監督の河瀬直美さんは、1997年初監督作品「萌の朱雀」でカンヌ国際映画祭カメラドール新人監督賞受賞、2007年『殯の森』(もがりの もり)でグランプリ(審査員特別大賞)を受賞されています。
 最新作『2つ目の窓』では、美しい海と太古の風景が広がる奄美大島の雄大な自然を舞台に、命のつながりや人と自然との共存、生と死といったテーマを描き出しているそうです。
 
 映画は、2013年10月1日より、大自然あふれる奄美大島を舞台に撮影されましたが、JAC機搭乗シーンの撮影も行うこととなり、奄美空港所やクルーの協力を得て、奄美空港でも撮影が行われました。


☆撮影終了後に、河瀬監督からコメントをいただきました。
「奄美大島は私のルーツ(お祖母さんが、奄美大島生まれとのことです)、奄美の海は美しく、そして何よりも人々が素朴で温かく、ひとのつながりをとても大切にします。その島で映画がつくれて嬉しかったです。」


『2つ目の窓』は、いよいよ7月26日から全国で順次公開となります!
まずは映画をご覧になってください。

そしてその次には、その世界を堪能するため、実際に奄美大島に飛びましょう!

奄美大島へは、福岡と鹿児島からJAC便が、東京と大阪からはJAL便がそれぞれ就航していますよ~

201407rulyup.JPG


☆上映スケジュールは こちら

☆『2つ目の窓』公式サイトはこちら

2014年07月11日

CAおすすめ!『夏煎茶』を機内販売!

JACでは、7月10日より 1ヶ月間の予定で、『夏煎茶』の機内販売を始めました。


package.jpg












 機内販売第2弾となる今回は、鹿児島市に本社を置く“お茶の下堂園”の人気商品、季節感のあるアイス緑茶『夏煎茶』(水出し専用緑茶)を販売いたします。

 『夏煎茶』は、緑茶・抹茶・ほうじ茶に、風味豊かな「ダゴ」※の茶粉を上品にブレンドしたもので、1988年の発売以来20年以上ものロングセラーを続けている商品です。 

※「ダゴ」・・・お茶を作る工程で出てくる、小石のようにコロコロとした茶葉の一部。あまり聞き慣れないですが、実はこのダゴ、一番成分の多い、お茶の芽のおいしいところが固まってできたものなのです。夏煎茶では、ダゴを刻んで香ばしく焙煎し、まろやかな味わいの高級抹茶を上品にブレンドしています。


rreicha.jpg






暑い毎日、ティーバッグでと冷たいお水で手軽に作れ、急な来客にもピッタリです。



  
☆お茶の下堂園の『夏煎茶』☆
茶葉はもちろんすべて鹿児島県産。とことんこだわった、水出し専用の煎茶です。
今回、機内販売の商品は、特別に20%増量となっております!
<1袋 18ティーバッグ入り:1000円(税込)>


ご搭乗の際は、ぜひチェックしてみて下さいね!

2013年07月11日

CAおすすめ!あまみの『黒糖ショコラ』を機内販売!

 
 JACでは、奄美きょらうみ工房の『黒糖ショコラ』の機内販売を始めました。

 JAC初の試みとなる今回の機内販売のきっかけは、あるCAが「黒糖ショコラ」を空港で購入して食べてみたところ、甘い黒糖とほろ苦いチョコの絶妙な組み合わせに感動し、「これはぜひJACの路線で販売したい!
奄美の黒糖商品を紹介して、JAC発祥の地、奄美への地元貢献につなげたい。」と考えたことがきっかけでした。


 2月にトライアルとして一部の路線で販売したところ、大変ご好評いただきましたため、3月は全路線に拡大して販売することになりました。この黒糖ショコラ、スイーツ好きな女性だけでなく、ビジネスマンにも人気とか!?おしゃれなパッケージが手土産にもピッタリです。
 
 
amami.jpg

☆奄美きょらうみ工房の黒糖ショコラ☆
自家栽培された甘い純黒糖をほろ苦いチョコで包んだお菓子。すべて手作りで製造しています。
<1箱:1000円(税込)>


ご搭乗の際は、ぜひチェックしてみて下さいね!

2013年03月01日

JACルートマップがリニューアルしました!

 
 機内でお客さまにお配りしている“JACルートマップ”が新しくなりました。
 このルートマップは、高度が低いところを運航するJAC便ならではの空からの風景をお楽しみいただこうと、客室乗務員が手作りして、ご搭乗のお客さまにお配りしているものです。イラストも前回同様、客室乗務員が描きました。

ca map5.jpg







 今回のリニューアルでは、桜島や就航地の写真のリニューアルをはじめ、小さなお子さまから大人の方まで楽しんでいただける「まちがい探し」のコーナーを作りました。
*「まちがいさがし」の答えは載せていませんので、お気軽に客室乗務員へお尋ね下さい。


map omote.jpg










マップでは、飛行ルートを色分けし、矢印をつけ、よりわかりやすくしました。各空港の滑走路の向きも飛行機マークで現されています。

map ura.jpg










客室乗務員のアイデアがいっぱい詰まった“JACオリジナルルートマップ”は、機内にございますので、
ご搭乗の際、お気軽に客室乗務員へお声をおかけ下さい。 
   
      
  

2012年09月21日

9月10日(土)は、鹿児島空港 空の日フェスティバル

 
 来る9月10日(土)は、鹿児島空港にて『2011 空の日フェスティバル』が開催されます。

 当日は、日本航空(JAL)と日本エアコミューター(JAC)が、
  ・JAL航空教室
  ・JACキャビンアテンダント体験
  ・JAC格納庫見学
  (いずれも当日申込みいただきます。ただし応募者多数の場合は抽選となる場合があります
 のほか、
  ・JAL/JACグッズ チャリティ販売会
 で参加いたします。


■JACが参加するイベント

◎JACキャビンアテンダント体験 
 11:00~12:00  鹿児島空港国内線ターミナルビル 3階キャビンモックアップにて実施


・・・キャビンモックアップ(航空機の実際の客室部分を再現した実物大模型施設)にて
  将来、キャビンアテンダント(客室乗務員)を目指す皆さんを対象とした体験を行います。
  (対象:小学生から中学生の女の子の親子ペア10組20名)

 ☆キャビンモックアップは、本年6月に『鹿児島空港 航空展示室(ソラステージ)』に、鹿児島空港ビルディングと日本エアコミューターが共同で整備・設置したもので、JACが鹿児島空港から大阪・福岡そして県内離島を結ぶ路線で運航する航空機(Q400型機)を再現しています。
   
  現在、キャビンアテンダントが、当日のプログラム(体験内容)を計画中です。
  ぜひご参加下さい!
   (10日(土)10:30から鹿児島空港国内線ターミナルビル3階ホールAにて受付)


 ◎JAC格納庫見学
   13:30~14:30  JAC鹿児島格納庫にて実施   

  ・・・普段、航空機の点検整備を行っているJAC格納庫での航空機(運航の都合で格納庫に航空機がない場合があります)や航空部品の見学会です。整備士や客室乗務員が見学のご案内を行います。飛行機好きには「たまらない」サプライズがある・・・かも?
  (10日(土)11:00から鹿児島空港国内線ターミナルビル3階ホールAにて受付)
 

 ◎JAL/JACエアライングッズ販売
  10日(土)10:00~16:00 鹿児島空港国内線ターミナルビル1階 日本航空カウンター(1番)横にて実施
・・・JALグッズのほか、JAC機モデルプレーンなどの例年大人気のオリジナルグッズが並ぶ予定です。



◇その他のイベントスケジュールはこちら

 年に一度の「空の日フェスティバル」、皆さまのご来場をお待ちしております!

2011年09月05日

2月の壁紙カレンダーは、“天空の城”の雲海


  2月の風景は、JAC就航地の兵庫県但馬にある、「竹田城跡の雲海」をお届けします。 
  
  竹田城は、「日本の100名城」にも選ばれている、但馬でも屈指の名所です。

  11月から冬にかけての放射冷却現象と、盆地ならではの地形により発生する“雲海”は本当に見事で、別名 “天空の城” とよばれているのも納得です!

    ruly unkai1.jpg  
 




 





     「特上の雲海」  

 



    ruly unkai2.jpg
 




 





   
      「雪景色の雲海」


  そして、今回の壁紙は、朝日を浴びる雲海の中に、幻想的に浮かび上がる”天空の城”です。
 
  毎年この季節になると、この美しい景色を撮ろうと、夜も明けないうちから城跡には、たくさんのカメラが並ぶという、人気のスポットだそうです。

 
      ・・・壁紙のダウンロードはこちらからどうぞ・・・
  

 ◆写真協力:但馬空港推進協議会
   
       

2011年01月20日

9月11日・12日は、鹿児島空港「空の日フェスティバル」!

  
   来る9月11日(土)、12日(日)に鹿児島空港にて『2010 空の日フェスティバル』が開催されます。
   
   当日は、「空港内見学バスツアー」や「航空教室」「グランドスタッフ体験」などのほか、キャラクター  ショーやラジオの公開放送などイベント盛りだくさんです。

  
■JACが参加するイベント

  ◎エコ学び隊!Ecoツアー・JAC航空教室 
   内容:空港内の施設見学ツアーと、JAC航空教室の開催
         ~親子で楽しめる空港や飛行機のエコを紹介!~
   日時:11日(土) 13:00~15:30     12日(日) 13:00~15:30
   場所:鹿児島空港国内線ターミナルビル内
   対象:小学生3年生~中学生の親子ペアで、各日30組ずつ
  
 ★お申込み・お問合せ先
   鹿児島県地域温暖化防止活動推進センター「鹿児島県環境技術協会」
      TEL:099-284-6013 FAX:099-284-6257
    申込方法:電話かFAXで氏名(ふりがな)、学年、生年月日、住所、電話番号をご連絡下さい。
      ※締切:8月31日(火)     

  
 ◎JAL/JACエアライングッズ販売

   JALグッズのほか、JAC機モデルプレーンなどのJACのオリジナルグッズが並ぶ予定です!
   日時;9月11日・12日とも10:00-16:00
   場所;鹿児島空港国内線ターミナルビル 日本航空カウンター(8番)横 販売会場

            
■JALのイベントは、こちら 


◇その他のイベントスケジュールはこちら

◇全国各地の「空の日」のイベント情報はこちら


 年に一度の「空の日フェスティバル」、皆さまのご来場をお待ちしております!


2010年08月26日

9月の壁紙は、奄美で撮影の「グリーンフラッシュ」!

JAC壁紙カレンダーの連続企画「奄美の風景」~奄美在住の写真家 別府亮さん撮影~も、第6弾となりました。

 9月の風景は、
  「グリーンフラッシュ」       
  「夕日が沈む最後の瞬間に、太陽が緑色に輝いた。グリーンフラッシュと呼ばれ、見た人は幸せになれるとも言われている」
       
            ・・・ダウンロードはこちらからどうぞ・・・
  
   
  撮影時の詳しい模様は、別府さんの奄美大島探検マップにて紹介されています。
  奄美で、この貴重な瞬間をとらえた写真をあなたの壁紙にしてみませんか?
      
       
◆ 奄美大島探検マップ: http://www.amamicco.net/
   

2010年08月24日

奄美の風景「かくれ浜」 “輝く夏”をあなたの壁紙に!

JAC壁紙カレンダーの連続企画「奄美の風景」~奄美在住の写真家 別府亮さん撮影~も、第5弾となりました。

 8月の風景は、
  「奄美北部 ~かくれ浜~ 」
   
   ・・・ 奄美北部の喜瀬(きせ)集落にある「かくれ浜」 ・・・
     昼間に姿を現すのは、春から夏にかけて、潮が大きく引いた時だけ。
     海岸から歩いて渡ることができる。

 
      ・・・ダウンロードはこちらからどうぞ・・・
  
   “輝く夏”を、あなたの壁紙にしてみませんか。
      
       
◆ 奄美大島探検マップ: http://www.amamicco.net/
   

2010年07月22日

「COP10エコ・ハッピーターン号」 いよいよ鹿児島空港から就航!

  
  JALグループでは、2010年6月13日より就航している日本航空「COP10エコジェット」(JA8984、ボーイング777-200型機)に続き、7月22日より「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」のロゴを描いた、日本エアコミューター(JAC)「COP10エコ・ハッピーターン号」1機(JA841C、ボンバルディアDHC-8-402型機(通称 Q400型機))が、鹿児島空港から就航いたします。

  「COP10エコ・ハッピーターン号」は、本年10月に愛知県名古屋市で開催されるCOP10を広く社会の皆さまにアピールし、そのテーマである「生物多様性」の大切さをお伝えする活動の一環として、環境省、外務省のご協力のもと、亀田製菓株式会社(本社:新潟県新潟市、社長:田中通泰)とのタイアップ企画として実現したものです。
  特別塗装を施すQ400型機は、低騒音とジェット機に匹敵するスピード・快適性を兼ね備えたターボプロップ機で、燃料効率にも優れています。この特別塗装機は世界遺産の屋久島など、14空港へ就航いたします。

  また、7月21日より、亀田製菓と「飛びたてハッピーターン!キャンペーン」 をあわせて展開します。



 就航初日セレモニーの概要

◆日時: 2010年7月22日(木) 10:10より
◆場所: 鹿児島空港ターミナルビル 2F搭乗待合室内11番ゲート(予定)
◆便名: JAC3743便 鹿児島10:25発→屋久島(11:00着)
◆内容: JAC3743便ご搭乗のお客さま全員に“ハッピーターン詰め合わせ袋&特製うちわ”をプレゼント!
  


 「COP10エコ・ハッピーターン号」Q400型機の概要 

   ◆ 機  材:JA841C(Q400型機)
   ◆ 就航路線:大阪-新潟・隠岐・松山・福岡・大分・宮崎・鹿児島・屋久島
            福岡-宮崎・鹿児島
            鹿児島-種子島・屋久島・奄美・徳之島・沖永良部・与論

   ◆ 就航期間:2010年7月22日~2010年10月末頃(予定)
   ◆ 協賛企業:亀田製菓株式会社



JALグループは、人類や地球環境が生物多様性から受ける恩恵を正しく認識し、生物多様性の保全とその恵みの持続可能な利用に努めていくとともに「COP10エコ・ハッピーターン号」や、「JAL Happy Eco Project」を通じて、さまざまな生きものがつながりあって共生する、この豊かで美しい地球を次世代に伝えるための取り組みを進めてまいります。


  

続きを読む "「COP10エコ・ハッピーターン号」 いよいよ鹿児島空港から就航!" »

2010年07月21日

「花かごしま2011」を応援しています!

  

  ruly2.jpg

  花と緑の大博覧会「第28回全国都市緑化かごしまフェア(愛称:花かごしま2011)」が、平成23年3月18日(金)から平成23年5月22日(日)までの66日間、鹿児島市内の吉野公園をメイン会場、鹿児島ふれあいスポーツランドをサブ会場として開催されます。

 
  会場では、世界に誇る鹿児島のシンボルである雄大な桜島を借景に、南国の植物など110万株以上の花を使用して一大花絵巻を展開します。

  南北600キロにわたる鹿児島県の島々の魅力を亜熱帯植物等で表現するゾーンや、世界の園芸文化に影響を与えた鹿児島の植物等の展示パビリオンや、毎日開催される多様なイベント等が皆様のご来場をお待ちしております。

  「花かごしま2011」を通じて『本物。鹿児島県』を存分にお楽しみください。
   詳しくは、「花かごしま2011」 で、検索を!


【 第28回全国都市緑化かごしまフェア うちわ搭載のお知らせ 】

 2010年7月1日以降、当社が運航する一部の便におきまして、第28回全国都市緑化かごしまフェア実行委員会事務局ご提供の「うちわ」を搭載しています。
 ※搭載しているうちわは、お持ち帰りいただけます。(在庫がなくなり次第、搭載は終了とさせていただきます。)

 日本エアコミューターは、「第28回全国都市緑化かごしまフェア」を応援しています!


ruly 1.jpg


2010年06月28日

・・・奄美より、「夏」お届けします・・・7月壁紙カレンダー

JAC壁紙カレンダーの連続企画「奄美の風景」~奄美在住の写真家 別府亮さん撮影~も、第4弾となりました。

 7月の風景は、
  「スナガニの夏 ~国直海岸~ 」
   
   ・・・奄美大島の大和村にある国直(くになお)海岸にて、ある日・・・
       夏を迎えた浜辺で、スナガニが穴掘りをしていた。
         穴の中から砂を運び出すスナガニ。
           セッセセッセと砂を抱えてきてはホイッと外へ投げていた。


 
      ・・・ダウンロードはこちらからどうぞ・・・
  
   
    梅雨明けが待ち遠しい今日この頃・・・奄美の美しい海を壁紙にしてみませんか。
    夏はもうすぐそこです!

  
       
◆ 奄美大島探検マップ: http://www.amamicco.net/
   

2010年06月21日

【屋久島】 ウミガメの産卵の季節になりました。

 今年も、ウミガメが屋久島・永田浜に上陸し、産卵する時期となりました。

 永田浜に上陸するアカウミガメ・アオウミガメは、環境省レッドデータブック(絶滅危惧ⅠB類・II類)やワシントン条約に指定されており、絶滅の危機に瀕しているといわれています。 
 一方、ウミガメは光や人の気配に非常に敏感なため、人が夜の浜を歩き回ったり、懐中電灯を使ったりすると、上陸をやめ、卵を産み落とす前に海に帰ってしまいます。

 そこで、関係公共機関や地元保護団体で構成される「永田浜ウミガメ保全協議会」では、ウミガメシーズンに永田浜へ訪れる方々に守っていただきたい事項をまとめた「永田浜ウミガメ観察ルール」を策定しました。

2ru.bmp 


屋久島へ、ウミガメの産卵をご覧にいらっしゃる皆さまに守っていただきたいルールです。
ウミガメがいつまでも屋久島に戻ってくるように・・・皆さまのご協力をお願いします。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「永田浜ウミガメ観察ルール」

・対象場所:永田浜(いなか浜、前浜、四ツ瀬浜) ※永田浜は3つの浜の総称です。
・対象期間・時間:5月1日~8月31日 19時30分~翌朝5時00分 ※日中は浜に入れます。


永田浜への立入りに関するルール

 ◆ 5/15~7/31に訪れる方は、ウミガメ観察会に参加してください。
  (地元永田集落によって立ち上げられた永田ウミガメ連絡協議会により、開催されている観察会は、永田浜へ訪れる見学者へウミガメに対する接し方を伝え、大勢の方が浜中を歩き回ることでウミガメに悪影響を与えないよう始められた活動です。)

  【ウミガメ観察会】 定員80名・事前予約制
   ・開催期間:5月15日~7月31日
   ・開催時間:20時30分~23時00分 (受付は、20時00分~20時30分)
   ・予約受付期間・時間:4月1日~7月31日 13時00分~17時00分
   ・予約連絡先:永田ウミガメ連絡協議会事務局 TEL:090-8768-4281
             永田ウミガメ連絡協議会HP で予約状況を確認してからご連絡下さい。
   ・協力金:大人700円、高校生500円、中学生以下無料

 ◆8/1~8/31に訪れる方は、永田浜ウミガメ保全協議会にお問い合わせください。
 

  この時期、昨年までは屋久島でウミガメの生態調査を行っているNPO法人屋久島うみがめ館が夜間臨時開館を行い、 永田浜へ訪れる見学者へウミガメに関するレクチャーを行い、子ガメが保護されている場合にはうみがめ館スタッフが子ガメを海に帰す様子を見学することができました。
 しかし、同団体の活動(調査、夜間臨時開館等)はボランティアの手によって支えられており、現在のボランティアが不足している状況では、今年の夜間臨時開館が行えない可能性があります。
 夜間臨時開館の実施については、ボランティアの参加状況により7月中旬に決定します。


ruly umigame.JPG












観察する時に守るルール

  ・事前に必ずレクチャーを受けよう
  ・スタッフの案内に従ってください
  ・光は消してください
  ・むやみに歩かないで、騒がないでください
  ・ウミガメには触らないでください
  ・カメラ、ビデオ撮影は行わないでください
  ・酒類は持ち込まないでください
  ・喫煙はしないでください
  ・ゴミは持ち帰ろう
  ・観察会や夜間開館終了後は浜に立ち入らないでください


昼夜ともに守るルール

  ・ウミガメ保護柵内には立ち入らない 
  ・焚き火をしない
  ・キャンプをしない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本ルールは地域の自主ルールとして定めたもので、法的な規制ではありません。
このため、永田浜に訪れる皆さま1人1人のご協力があってこそ、効果を発揮するものです。
世界的に絶滅の危機に瀕しているウミガメの保護のため、どうぞご協力をお願いいたします。






2010年06月03日

6月1日より鹿児島~奄美大島線を増便、                                    当日は奄美大島空港で記念品を贈呈します。

日本エアコミューター(JAC)は6月1日より鹿児島~奄美大島線を増便いたします。
JALグループとしての同路線は1日5往復便から7往復便※となり、
お客さまにはさらにご利用いただきやすくなります。
※日本エアコミューター5往復、
 日本航空(一部の便はJALエクスプレスの機材と乗務員で運航)2往復運航

当日は、日頃からのご利用に感謝を込め、また奄美大島の魅力を感じていただきたく、
奄美大島空港にて、JALグループ便ご搭乗のすべてのお客さまに、
奄美大島観光協会とJALグループ各社から、地元特産品などを贈呈いたします。

日本エアコミューターは、これからも利便性の向上に努めてまいります。
ますます便利になるJALグループの翼をぜひご利用ください。

<初便お出迎え/お見送りの概要>
1.日時・場所:2010年6月1日(火)
JAC3721便到着(8:50到着)時に到着口にてお出迎え
JAC3720便出発(9:15出発)時に搭乗待合室にてお見送り
2.内容:
奄美大島観光協会によるシマ唄(しまうた)での送迎

2010年05月27日

壁紙カレンダー「奄美の風景」第3弾!

 
 JAC壁紙カレンダーの連続企画「奄美の風景」~奄美在住の写真家 別府亮さん撮影~も、第3弾となりました。

 6月の風景は、
  「デイゴの花」
    ~奄美 加計呂麻島の諸鈍にある大木のデイゴ並木。
          梅雨の晴れ間を見上げれば、空に鮮やかなデイゴの花~
  
をお届けします。 

  ・撮影場所は、 加計呂麻島の、諸鈍(しょどん)にある、デイゴ並木です。

      ・・・ダウンロードはこちらからどうぞ・・・
  
  
       
◆ 奄美大島探検マップ: http://www.amamicco.net/
   

続きを読む "壁紙カレンダー「奄美の風景」第3弾!" »

2010年05月20日

壁紙カレンダー「奄美の風景」第2弾は・・・ 

 

 毎月ご好評いただいています、JAC壁紙カレンダーの連続企画「奄美の風景」も第2弾となりました。

 5月の風景は、
  「大島海峡の春」
    ~奄美大島南部と加計呂麻島を見晴らせる、高知山からの眺望。春は山々が新緑に萌える~  
をお届けします。 
  写真は、奄美在住の写真家 別府亮さんの撮影です。

      ・・・ダウンロードはこちらからどうぞ・・・
  
  
◆別府さんは、「奄美大島探検マップ」にて、奄美各地の紹介もされています。
  美しい風景もたくさん紹介されていますので、ぜひご覧下さい。観光ガイドとしてもオススメです!
    
奄美大島探検マップ: http://www.amamicco.net/
   

 

2010年04月20日

~がんばれJAL~コウノトリ復活のまち豊岡からのエール

 兵庫県但馬空港がある豊岡市では、支庁舎正面玄関に「乗って応援しよう がんばれJAL コウノトリ復活のまち 豊岡市」と書かれた懸垂幕を掲げています。
 
 中貝市長からJALに対する応援メッセージの一部をご紹介いたします。
「海外から帰国するときにJALの乗り、機内で日本のサービスを受けたとき、ふるさとを感じることができました。そんなJALを取り戻して欲しい」

 ◆詳しくは、豊岡市のホームページ こちらをご覧下さい。
   

  

2010年02月04日

JAC情報誌『JAC TIMES UPROP』創刊1周年!
~バックナンバーをデジタルブックにてご覧いただけるようになりました~

uprop_vol5.jpg
2008年7月1日、JAC情報誌『JAC TIMES UPROP』は創刊1周年を迎えることができました。

これからも、皆さまへさまざまな情報をお届けできるよう編集部一同、頑張って参ります。

また、創刊1周年を機にバックナンバーをデジタルブックにてご覧いただけるようになりました!
JAC就航地の情報満載ですので、旅のお供にUPROP(アップロップ)をお役立て下さい。

皆さまからのご意見、ご感想もお待ちしております。
JACにご搭乗の際は、ぜひ『UPROPを!』とご用命ください。


■JAC情報誌『JAC TIMES UPROP』
 ◇UPROP Vol.5(最新号) は こちら>>

■JAC情報誌『JAC TIMES UPROP』 バックナンバー (※デジタルブックにてご覧いただけます)
 ◇UPROP Vol.1 は こちら>>
 ◇UPROP Vol.2 は こちら>>
 ◇UPROP Vol.3 は こちら>>
 ◇UPROP Vol.4 は こちら>>


◎関連記事:【ルリーが行く!】本日創刊!JAC情報誌「JAC TIMES UPROP」

◎関連記事:【広報資料】日本エアコミューター、JAC情報誌 『JAC TIMES UPROP Vol.1』を創刊!

2008年07月04日

屋久島山岳部保全募金のご案内

kum01.jpgJACの就航地である世界遺産の鹿児島県屋久島では、現在、山岳部保全のための募金が呼びかけられています。

屋久島の山岳部には、複数の汲み取り式のトイレが設置されており、これまで現地処理されてきました。
しかしながら、トイレの設置場所が高地であり、土壌分解速度が遅いことや、近年の登山客の増加も重なり、自然環境や水源を汚染する可能性が出てきました。

このため、屋久島の環境保全に関わる関係機関・団体で構成する屋久島山岳部利用対策協議会では、島内の多くの関係者の連携により、山岳部のトイレのし尿を里地の処理施設まで人力で搬出することとし、その費用の負担について屋久島を訪れる皆さまに協力(募金)をお願いしております。

屋久島を訪れる際には、この取り組みの趣旨に、ぜひご賛同いただき、ご協力をお願いいたします。




【屋久島山岳部保全募金のご案内】

■募金額 : 1人一口 500円
■募金場所:
荒川登山口、淀川登山口、ヤクスギランド、白谷雲水峡、屋久杉自然館、屋久島環境文化村センター、屋久島観光協会、屋久島町役場の各窓口

なお、当社は、地元航空会社として、また、JALグループ行動規範に掲げる環境活動の一環として、寄付を行うとともに、当社鹿児島発屋久島線の機内にて募金を呼びかけることとしました。
(7月5日(土)より開始)

2008年07月03日

沖永良部空港から花便りが届きました!

沖永良部空港では島の名産品である「てっぽう百合」が滑走路やターミナル内でたくさんの花を咲かせています。

これは、花をまちづくりのシンボルにし、花にまつわる行事を通して、活力とやすらぎのある、住みよいまちづくりをめざす全国の11都市が集まった「フラワー都市交流連絡協議会」和泊町が参加していることから、空港の他、県道沿いにもてっぽう百合を植栽しているものです。

ただいま満開の花を咲かせ、多くの方の目を楽しませています。
「花の島 おきえらぶ」に是非お越しください!


yuri1.JPGyuri2.JPG












yuri4.JPGyuri3.JPG












yuri5.JPGyuri6.JPG

2008年05月09日

11月1日より出雲~大阪線増便(出雲ナイトステイ開始)!
~初便出発式を行ないました~

11月1日より出雲~伊丹線が1往復増便となり出雲でのナイトステイがスタートしました。

これを記念して出雲空港では島根県主催の初便出発式が行なわれました。島根県松尾副知事、当社長束社長のご挨拶の後、伊藤機長とお客さま代表の方への花束贈呈や関係者によるくす玉開きを行い、初便の出発を祝いました。

今回の増便により、出雲から大阪への旅行時における大阪での滞在時間が約3時間延長(現行の約7時間から約10時間になります)され、利便性が大きく向上しています。


izo_night1.JPGizo_night2JPG.JPG
  お客さま代表と伊藤機長へ花束贈呈               関係者によるくす玉開き


◎関連記事:
【JAL 地域発おすすめ情報】出雲7:40発、伊丹19:00発が増便となり、日帰り出張・旅行もラクラクに!

2007年11月05日

本日創刊!JAC情報誌「JAC TIMES UPROP」
~ご搭乗のお客さまへ機内にてお配りいたします!~

UPROP_new.JPG本日、JAC情報誌「JAC TIMES UPROP(アップロップ)」を創刊いたしました!

このJAC情報誌「JAC TIMES UPROP」は、JAC就航地の観光やグルメのご案内、JAC本社のある鹿児島に関する情報、就航地の名産品を使った料理レシピのご紹介、またJACスタッフのコーナーなどなど、盛りだくさんのコンテンツでお送りします!
(*年4回発行予定)

記念すべき第1号は、日本エアコミューター創設のルーツである「奄美」にスポットを当て、その魅力に迫ります。

JAC情報誌「JAC TIMES UPROP」は、ご搭乗いただいたお客さまへ機内にて客室乗務員より配布させていただきます。
どうぞお楽しみに!




ご搭乗の際は、ぜひ「UPROP(アップロップ)を!」 とご用命ください(福永CA)


  【タイトルの『UPROP』(アップロップ)とは・・?】
   UP+PROP(プロペラ)で空に昇るプロペラをイメージしています。
   また、U+PROPで、U = YOU(あなたの)プロペラでありたいとの願いが込められています。


◎詳細はJACホームページ JAC情報誌 JAC TIMES UPROP をご覧下さい。

◎関連記事:【広報資料】日本エアコミューター、JAC情報誌 『JAC TIMES UPROP Vol.1』を創刊!




2007年07月03日