JAPAN AIR COMMUTER

operations and administration 総合職(事務系)

社員紹介

福原 弘之

経営企画部 経営企画グループ
2008年入社

生活・離島路線の安定的な運営のために

総合職(事務系) 福原弘之

JACは「鹿児島を拠点とし、地域航空、生活・離島路線の維持・充実」をミッションとし、地域の翼として、そこに暮らす人々の生活を守り、社会のインフラを支え、また多くのお客さまにこの地域・離島を尋ねていただき、地域間交流促進による地方創生に貢献したいと考えています。
私はこれらの路線維持のため、これまでの営業分析を行い、市場や競合他社の動向も視野に入れながら、路線計画、機材計画等の事業計画を策定する部に所属しています。
近年の具体的な業務としては、当ホームページ上にも取り上げられている最新鋭ターボプロップ機ATR42-600型機の導入(機材の更新)に関わる業務です。2017年1月にはその初号機受領のため、フランス・トゥールーズに渡り、契約担当者として社長の委任を受けて、機体受領のサインもしてきました。2019年までに全9機を導入するため、ビックプロジェクトに携われる責任と誇りを感じています。

離島を訪れていただくために

総合職(事務系) 社員紹介

大学の専門で気象に関わる研究を行っていたため、「空」に関わる仕事に就きたいと思ったことが、きっかけです。その後、就職活動をする中で、航空会社に興味を持ち、さらに自分自身が奄美大島出身であるため、故郷の役に立つことができればという思いも加わり、最終的にJACに繋がりました。
地域の皆さまにとって飛行機は、医療であり、生活であり、なくてはならいインフラです。これからも創立以来人身無事故を継続し、お客さま視点を忘れず、地域の翼として、日々の暮らしを守るとともに、多くのお客さまにJAC就航地を尋ねていただけるようの施策を講じ、地方創生に貢献していきたいと思います。

1日の仕事の流れ

総合職(事務系) 社員紹介
09:00

出社、部内での朝ミーティング(1日の業務確認)

09:30

メールの確認

10:00

旅客データ分析、資料作成

11:00

JAL本社との電話会議

12:00

昼食

13:00

部内ミーティング(路線計画に関して)

15:00

地方自治体関係者さまとの打ち合わせ

17:00

メール確認、各種問い合わせ対応

18:00

一日の業務内容の確認、退社

経歴

総合職(事務系) 社員紹介

2008年 入社 (株)JALスカイ大阪に出向

国内線旅客業務を習得するために、旅客部(当時)にてカウンター業務等を担当。
空港における旅客業務は航空運送事業の最前線であり、さまざまな理由でご利用いただくお客さまと直接接することで、1便1便のフライトの大切さや、航空会社の社会での役割を実感できる貴重な経験を積むことができました。

2009年 乗員サポート部へ異動

運航乗務員の月間のスケジュール作成や、日々の飛行機の運航状況に応じた運航乗務員繰り調整業務を担当。
台風通過により大量に欠航が発生する際は、機材と運航乗務員のスケジュールは大幅に乱れます。運航乗務員のアサインを組みなおすのは非常に大変でしたが、離島で足止めとなったお客さまのために、少しでも早く運航を再開させることに傾注しました。

2010年 現部、経営企画部に異動

会社の事業計画を担う部署であり、異動当初は旅客収入を担う営業企画グループ(当時)として、主に旅客運賃に関わる業務を担当。
日々の運航を安定的に維持していくためには、企業として収入を増やし、費用を下げ、利益を生み出す必要があります。一方でお客さまがお買い求めいただきやすい価格設定を考えておりました。

2017年 現在、主に機材担当として、新機材導入に関わる業務を担当

今後もJACが離島路線をしっかりと運航していくために欠かせない新機材ATRの導入に関われていることにやりがいを感じている。フランスでの領収時、これまでは資料やイメージしか見たことのなかったJACロゴのATRを目の前にした時はとても感動しました。

採用に関するお問い合わせ

総務部 総務人事グループ

お電話でのお問い合わせ

TEL0995-58-2151


平日10:00~12:00、13:00~17:00

メールでのお問い合わせ