ルリーが行く!
JAC “かごしまの航空教室” を開催しました!

 

 鹿児島県内の小・中学校を対象に2010年から定期的に開催しているJAC航空教室を5月16日(水)、大隅半島の肝属郡肝付町の国見小学校で、5・6年生33名の生徒さんたちを対象に開催しました。

 この取り組みは、JACのパイロット・キャビンアテンダント・整備士等が鹿児島県内の小・中学校を訪れ、航空教室の講師としてそれぞれの仕事を紹介することで航空界に関心を持っていただくこと、また空への憧れを抱く子供たちの夢を応援することを目的としています。2011年までは、JACの就航地の“しま”を会場に回って開催していましたが、今回から会場を鹿児島本土に移し、“かごしまの航空教室”として開催しています。


 当日、講師を担当したメンバーも最初は緊張ぎみでしたが、時間がたつにつれ、しだいにお互いの緊張もほぐれ、休み時間には講師をつとめた運航乗務員、客室乗務員、整備士のメンバーは生徒の皆さんにとり囲まれ“直接質問コーナー”となっていました。また、それぞれの仕事の紹介コーナーでは、真剣な表情で講師の話に聞き入る皆さんの姿がとても印象的で、次いで活発に質問もしてくれました。

『救命胴衣着用体験』では、4名の生徒さんに体験していただきましたが、キャビンアテンダントの指導のもとで、皆さん見事に着用されました。最後には、生徒さんの代表からお礼のご挨拶もいただき、和やかな雰囲気で終わることが出来ました。

 この中から未来のパイロット・キャビンアテンダント・整備士が誕生してくれたら嬉しいですね。

CA.JPG

MC.JPG












PL.JPG

zentai.JPG















後日、国見小学校の生徒さんたちからたくさんの感想文が届きました。
その一部を紹介させていただきます。

 ・パイロットになるには大変なんだなとはじめて知りました。二人のパイロットのうち一人が操縦できなくなったら、あとの一人で操縦を全部やるのはすごいなと思いました。
 ・整備士の方は、一日に一人で8機の飛行機を担当するということを始めて知り、すごいなと思いました。
 ・キャビンアテンダントの仕事は、外国人が乗ってきたら、英語で話さないといけないので難しそうだなと思いました。
 ・飛行機のハンドルがとても小さいことをはじめて知りました。
 ・パイロットや整備士に女性がいることを聞いて、すごいなと思いまいた。
 ・ぼくが一番興味をもっていたのは、飛行機を直す人です。ぼくは、こわれたものを直すのが好きだし、直ったらうれしいからです。
 ・パイロットのカバンの中には道具がいっぱい入っていたので、びっくりしました。
 ・パイロットがサングラスをしているのをみて飾りかと思っていましたが、雲の上に出るとまぶしいからサングラスが必要と聞いてびっくりしました。
 ・航空教室でたくさんの事を知りました。将来の夢はまだ決まっていませんが、とても大変な仕事だけどパイロットやキャビンアテンダントに少し興味を持ちました。
 ・キャビンアテンダントさんから救命胴衣の着用を教えてもらいました。みんなが気持ちよく旅行が出来るように毎日がんばって仕事をしているんだなと思いました。
 ・整備士はみんなが乗る飛行機の安全を任されているので、毎日飛行機の点検をしてくれるからパイロットが安心して操縦できていることを知りました。
 ・私は、女の人もパイロットになれることをはじめて知りました。私の夢は花屋さんですが、いろんなお話を聞いてキャビンアテンダントやパイロットもいいなぁと思いました。
 ・パイロットは二人いる意味を知りました。私のおじいちゃんも整備をする人だったので、またいろいろ話を聞いてみたいです。
 ・ぼくの将来の夢はプロ野球選手になることです。だけどパイロットになることを今考えています。なれたらいっぱい働いて良いパイロットになりたいです。
 

国見小学校の皆さん、嬉しい感想をありがとうございました。
これからもJACは“かごしまの航空教室”を開催していきます。


2012年05月28日

JAC “しまの航空教室” を種子島で開催しました!

 

  6月23日(木)JAC”しまの航空教室”を種子島の西之表市立榕城(ようじょう)小学校で開催し、6年生83名の生徒さんに参加いただきました。

  
  今回の航空教室では、パイロット・整備士・空港グランドスタッフによる職業講話や質問タイムを実施しました。空港グランドスタッフは、今回初めての登場となりましたが、皆さんにより身近に感じていただけるよう、榕城小学校の卒業生であるグランドスタッフが講師をつとめました。
 


  整備士は、航空機の整備の仕事はどのようなものかをわかりやすく説明しました。
整備に使う工具や部品を持ってきて、それぞれの道具はどのような時にどのように使うのか説明したり、実際に触ってもらったりしました。
 
1mc.JPG 2mc.JPG













  パイロットは、1日の仕事の流れや操縦免許証・常に持ち歩く持ち物(規程・手袋等)を紹介したり、
「操作は難しくないですか?」「スイッチの数はいくつありますか?」などの質問に、ひとつひとつ答えていきました。

  空港グランドスタッフは、航空機の到着から出発までの流れにそってどのような仕事をしているのか、
使用する特殊な車両(エアコン車・電源車等)や機械(保安検査器等)の説明をするなど、
それぞれの職種の特色を出した講話となりました。
 
plsitumon.JPG kd1.JPG

               









 
 
  生徒の皆さんからは、飛行機に乗ってみたくなった、あまり空港のことは知らなかったけど興味がわいてきたなど、嬉しいコメントをいただきました。今日のこの時間が、今後、生徒の皆さんが夢・目標・進路などを考える時、何かのきっかけになれば幸いです。

  榕城小学校の先生・生徒の皆さん、暑い中、真剣に講話を聞いて下さいまして、ありがとうございました。


goaisatu.JPG shugo.JPG













  昨年の8月の奄美大島からスタートとした"しまの航空教室"も今回の種子島が7つめの島となり、最後の“しまの航空教室”となりました。今後は会場を鹿児島本土に移して、”かごしまの航空教室”として展開していく予定ですのでお楽しみに!






2011年08月08日

JAC “しまの航空教室” を屋久島で開催しました!

 
 JAC “しまの航空教室”の第6弾を、屋久島の宮浦小学校で5月20日(金)に開催しました。
航空教室を始める前に、「JACの飛行機に乗ったことある人?!」と、生徒の皆さんに聞いてみたところ、ほとんどの皆さんが元気いっぱいに手をあげて下さいました。いつもご利用ありがとうございます。


 今回の屋久島での航空教室では、パイロット・客室乗務員・整備士の3つの職種の仕事の内容や「なぜこの仕事を選んだのか」、「仕事の中で見つける喜び」等を生徒の皆さんにお話させていただきました。

ruly1mc.JPG


(整備士)次の日のフライトのために、みんなで協力して、夜中まで飛行機を修理することもあります。









ruly 2 ca.JPG
(客室乗務員)いろいろなお客さまと出会える喜びがあります。機内では安全確保に必要なことをいつも意識しています。








pl ruly.JPG
(パイロット)お客さまを安全に目的地までお運びすることへの使命感で、厳しい訓練も頑張っています。









 
 講話の途中では、救命胴衣体験や、パイロットのかばんの中身を公開したり、生徒の皆さんも興味津々の様子でした。

ruly lifevest.JPG












 また自由時間には、生徒の皆さんは講師の3人と飛行機の事や会社の事など、興味のある内容を質問していました。

ruly4 pl.JPGruly5  mc.JPG













 そして、航空教室の最後は質問タイムです。今回も生徒の皆さんからたくさんの質問が出ました。
「スカーフはおしゃれのためにつけているの?」、「コックピットのボタンは何個あるの?操作は間違わないの?」等、航空教室を通じて疑問に思ったことや分からなかったことを質問してもらいました。
(時間が足りずに質問できなかった生徒さん、ごめんなさい。)




ruly6 goaisatu.JPG












 航空教室の最後には、生徒代表の方からの感謝の言葉を、また5・6年生全員から感想文をいただきました。
・今まで知らなかった飛行機やそこで働く人のことがわかってうれしかった。
・航空会社で、はたらきたい。
・女性でもパイロットになれると知って驚いた。
・客室乗務員は、サービスするだけではなく、お客様の安全を守っているとのことを知った。
・またJACの飛行機に乗りたい。
等々たくさんの感想をいただきました。


 講師陣も、生徒さんからの感謝の言葉や、JACに興味をもっていただいたことがとてもうれしく、また感動しています。また機会を作って、皆さんに会いに行きたいと思います。


 今後もJACでは、地元貢献の一環として、“しまの航空教室”を開催していきます。どうぞお楽しみに!

2011年06月30日

JAC “しまの航空教室” を沖永良部で開催しました!

  
   3月17日(木)、JAC “しまの航空教室”を、沖永良部の和泊中学校と田皆中学校にて開催いたしました。
    
   航空教室の冒頭の挨拶では、JACスタッフより、今回の東北地方太平洋沖地震で被災された方々、そのご家族の皆さま、関係者の皆さまに心からお見舞い申し上げるとともに、今回の地震に関わるJALグループおよび弊社(JAC)の支援活動について説明しました。
   弊社(JAC)は直接、東北地方には就航していませんが、救援物資輸送や救援マイル募金の形で、支援活動に協力させていただいております。
   生徒の皆さんも真剣なまなざしで聞いて下さいました・・・被災地の1日も早い復興をお祈りするとともに、自分たちに出来ることは何か考える気持ちは皆同じだと思います。
   
       
   ruly hajimari.JPG

    



 

  

 

 



 ◇和泊中学校

 ruly koushi.JPG


   





 




 

職業講話では、客室乗務員による救命胴衣のデモンストレーションもあり、充実した時間となりました。
  
 ruly kunren.JPG


  





 



 

  

 生徒さんからJACの講師全員とルリーにも、お礼の花束をいただき、一緒に記念撮影。

ruly shugou.JPG    













 後日、先生から頂いたお手紙の中には、「今回の航空教室が生徒にもたらした意義を感じることができました。」「生徒の中には航空業界に強い憧れを抱く生徒も出てきました。」というメッセージもあり、講師一同、航空教室を開いてよかった!と実感いたしました。

和泊中学校の皆さん、ありがとうございました。




 
◇田皆中学校


午後から訪問した田皆中学校は、今回講師をつとめた運航乗務員と客室乗務員の出身校ということもあり、航空教室の冒頭で校長先生から一人ひとり紹介していただきました。 

 ruly shokai2.JPG
  

 



 

  



 

 

出身校で講師をつとめた2人は、講話の中で、「生まれ育った土地、出身校で、後輩の生徒のみなさんにお話し出来ることの喜び・誇り・感謝の気持ち・ふるさとへの思い」を話し、生徒さんからも「先輩を誇りに思います。」との感謝の言葉を頂きました。

pl.JPGca.JPG

mc.JPGruly.JPG






  最後はスケジュールの関係で、整備の職業講話の時間がなくなってしまい、そのまま質問タイムとなりました。すると、生徒さんが “整備の仕事はどうですか?”と質問して下さり、整備の講師の2人は十分に、整備についての話をすることができました。生徒の皆さんのご協力、本当にありがとうございました!



ruly5.JPG

   

 

 

 

 

 

 

 

 今後もJACでは、地元貢献の一環として、“しまの航空教室”を開催していきます。
次は、4月に喜界島で開催予定です。お楽しみに!


 

 

2011年03月24日

JAC “しまの航空教室” を徳之島で開催しました!

  
  2月 9日(水 )、JAC “しまの航空教室”を徳之島の兼久(かねく)小学校で開催しました。

  annnai.JPG

  












  今回は、5・6年生の24名の皆さんに、運航乗務員・客室乗務員・整備士の職業講話を行いました。 これから先、将来を担っていく子供たちの進路選択に役立ててもらおうと、それぞれの職種の立場から、仕事の話はもちろん、これまでの経験談やなぜこの仕事を選んだのかのお話をしました。

 pl3.JPG  seibishi.JPG

 













 また後半には、救命胴衣を使用した緊急時のデモンストレーションの体験もあり、皆さん真剣なまなざしでお話をきいていました。休憩時間にも、講師陣のまわりに集まって熱心に飛行機のお話を聞いたりと、講師の皆さんは休む間もないほどの人気ぶりでした!

cademo.JPG














 最後の質問コーナーでは、「飛行機に乗務員は何人乗っているの?」「機内に忘れ物をしたら、どうなるの?」「飛行機の誘導(マーシャリング)は怖くないですか?」等の質問が次々と飛び交いましたが、中には「兄弟は何人ですか?」といったご質問もあったり、みんな和気あいあいとした雰囲気の中で楽しい時間を過ごすことが出来ました。


 終了後、生徒の皆さんからは、「楽しかった」「飛行機にさらに興味をもった」「夢をもって努力していきたい」「これからも応援しています!」等々の感想をいただきました。積極的なご参加、ありがとうございました!


shuugou2.JPG














 今後もJACでは、地元貢献の一環として、“しまの航空教室”を開催していきます。
次は、3月に沖永良部で開催予定です。お楽しみに!









 ◇番外編 
  ~空港から兼久小学校へ向かう途中で、撮影した“しまの風景”~


kaigan2.JPG












海岸線を一眺  





iwa.JPG iwa2.JPG

東シナ海の荒波に侵食された断崖と奇岩は、迫力があります!  


 

2011年02月17日